シロニシ( 新腹足目 アクキガイ超科 アクキガイ科 レイシガイ亜科)   倉橋での希少度:★★

Rapana rapiformis (Born, 1778)


 殻は厚く、こぶし形で体層が大きく、肩部が角ばり短い棘状となる。アカニシに似ているが殻口付近が白いところで見分けられる。蓋は角質でこげ茶色の三角形。殻長15cm内外

紀伊半島から九州南部の潮間帯下部から水深30mの砂泥地に棲む。
日本近海が原産だが、黒海などに移植されて、現在ではアメリカ大陸にまで広がっている。

アカニシとの比較写真はこちら


HOME    閉じる

inserted by FC2 system