チリメンボラ( 新腹足目 アクキガイ超科 アクキガイ科 レイシガイ亜科)   倉橋での希少度:★★★

Rapana bezoar (Linnaeus, 1758)


 殻は厚く、こぶし形で殻表は淡黄。成長肋は鱗片状に立ち上がり肩部や螺肋上で強くなる。殻口は広く白色で臍孔は開く。 蓋は角質でこげ茶色の三角形。殻長10cm内外

北海道南部以南の水深10m〜50mの砂泥底に棲む。

『芸南の海産貝類図鑑』(濱村 陽一 著)から多くを引用しています。


HOME    閉じる

inserted by FC2 system